業務用無線機のメリット

業務用無線機のメリット 業務用無線機を導入するメリットは何かというと色々あります。
まず複数の人と瞬時に通話をする事が可能という点です。
特に急な業務連絡をしなければいけなくなった時に、携帯電話だといちいち一人ずつに電話をかける必要があります。
しかし業務用無線機であればボタン一つで複数の人に発信する事が出来るので非常に便利です。
また通話料がかからないというのも魅力の1つです。携帯電話は基本的に使えば使うほど当然通話料金は高くなりますが、業務用無線機だと時間における課金はありません。
通話料金はかかりますが、それでも月決めの定額なので使用頻度が多ければ多いほど得です。
他にも災害時などの緊急時に役立つというのも大きなメリットです。
災害時になると通信設備が壊れてしまい、メールやインターネットが制限されたり、携帯電話が使えなくなってしまう事もあります。
ただ業務用無線機であれば、緊急時の避難警告や避難命令が出来るので、非常に助かります。

業務用無線機は混信を防ぐので情報漏洩防止のメリットがある

業務用無線機は混信を防ぐので情報漏洩防止のメリットがある 現在は無線機やアナログのものとデジタルのものが存在していますが、電波法が改正されたことによって2022年からはデジタル無線機しか使用できなくなります。
そのためすでに業務用無線機の大部分がデジタルに移行しており、様々なメリットが得られるようになっています。
業務用無線機を使用する上で大きなメリットの1つは、秘話性能が高くなったので混信を防ぐことができるようになったことです。
32767通りの秘話コードをかけることができますから、相手と話をするときに第三者の介入を受けることなく、気密性の高い情報のやり取りをすることができます。
ユーザーコードも設定することができますから、同じコードの人とだけ話をすることができる仕組みになり、やはり混信を防ぐことが可能になっています。
業務用無線機がデジタル化したことによって、雑音が少なくなりクリアな音声でやり取りをすることができるようになったことから、災害時の連絡ツールとしても広く活用されています。