業務用無線機の使用方法

業務用無線機の使用方法 業務用無線機は様々な業種で使用されています。
多くの人員が広い場所に点在して相互連携をする必要がある場合には、特に大きな効力を発揮する製品です。
広大なエリアの空港や船舶運航業での導入事例のほか、複数のキャディーと一括して連携が取れるようにしたゴルフ場や、教習車のいち把握と状況確認をスムーズに行えるようにした自動車教習所の例もあります。
いずれの場合も、出力の強い業務用無線機を導入することでより遠くまで電波を届けることができ、通話が途切れる可能性が低くなることで業務のスムーズな推進に役に立ちます。
使用方法も電源を入れた無線機を携帯するという、通常の携帯電話の感覚に近い使用方法ですので、初めて扱う方にもわかりやすいものです。
電源を入れておくことで電波を受信できるスタンバイ状態となり、必要な時に呼び出しができるほか、相互での通話も行えます。
同時通話が可能となっている機種もありますので、導入現場の状況に合わせて採用することをお勧めします。

業務用無線機のチャンネルは最大で65個もあります

業務用無線機のチャンネルは最大で65個もあります 業務用無線機には大きく分けてデジタルのものとアナログの2つの種類がありますが、電波法が改正されたことにより2022年からはアナログは使えなくなります。
すでに業務用無線機の大半はデジタル化に移行していますが、そうなったことで様々なメリットが生まれています。
アナログだった時はチャンネルは35個しかありませんでしたが、デジタル化になったことにより最大で65個に増えたからです。
また音声も雑音が少なくなったことによってクリアな通話ができるようになりました。
業務用無線機では秘匿性の高い通話ができるようになっており、32767通りの秘話鍵をつけられるようになりましたから気密性が高くなったことで盗聴される危険性を回避できます。
さらに511通りのユーザーコードを設定できるようになったことで、コードを共有する人だけで通信ができるようになりましたから混信を防ぐことができ第三者への情報漏洩を防げるようになっています。