業務用無線機の用途

業務用無線機の用途 業務用無線機はどのような用途に用いられるかというと業種によって様々です。一般的に業務用無線機は公共用と一般事業者用に分けられています。
公共用としては、主に電力会社やガス会社、道路管理や消防、それに水道業者が使っている事が多いです。また鉄道やバス、タクシーといった市民の生活に密着した事業所も連絡を取り合う為に使用が許可されています。
一般事業者用としては、運送業者や各種製造販売会社、金融や警備関連の事業者が使用する事が多いです。例えば警備業では、屋外で使用する事もある為、防水機能が搭載している物もありますし、緊急通報機能がついているものもあり、何かトラブルがあった時でも迅速に連絡出来るようになっています。電話と違って盗聴される心配もありませんし、運転中もインカムであれば使用可能なので便利です。
業務用無線機は数十キロ圏内と比較的広い範囲で、かつ確実で安定した通信を行いたい業者に適しています。どちらも使用するには無線従事者と無線局の免許が必要です。

使用時に資格免許が必要な場合

使用時に資格免許が必要な場合 業務用無線機のさまざまな種類があり、免許が必要なものや不要なもの、無線従事者の資格が必要なものなどがあります。不要なものは小電力無線やIP無線などの狭い範囲でしか使用できないもので、山間部などの電波がとどきにくい場所では使用できないこともあります、免許が必要なものは一般または簡易業務用やデジタルMCA無線などで、業務用無線機には一般業務用と簡易業務用があり、いずれも無線従事者の資格を持った方を配置する必要があります。デジタルMCAは開局の申請が必要ですが、資格者の配置はいりません。資格取得の方法は管轄する総務省に書類を提出しての審査で、公共性の高い一般業務用無線の場合は、申請を行う過程で総務省総合通信局のヒアリング調査に参加しなければなりません。資格を有していないと電波障害防止法で罰せられることもあるので、正しく手続きをすることが大切です、しかしレンタルでの利用の場合は資格を有してなくても利用が可能です。